iPad mini 6の使い道|使えないなんて言わせない!おすすめの活用法5選

iPad mini 6を購入してからというもの、生活に合いすぎて満足度が非常に高いです。

購入してみれば最高のガジェットだったものの、購入前は使い道について具体的に想像することができず、なかなか買う気になれませんでした。

そこで今日は、実際に購入してみて気がついた使い道について紹介していきたいと思います。

メイン機として

miniというのは見た目だけの話であって、中身の性能はひと昔前のProと同じです。

iPad mini 6からは性能だけではなく、機能についてもProと同じ仕様になり、

  • フルディスプレイ化
  • Apple Pencil第2世代への対応
  • 壁面充電
  • USB-C搭載
  • ステレオスピーカー

これまで上位機種にしかなかった機能をminiにもふんだんに取り入れています。

5→6へのアップデートの差はかなり大きく、性能や機能が大幅に上昇したため、miniだけでできることの幅が増えました。

仕事も趣味も、圧倒的な性能と機能によって両立してしまったのです。

これまでは正直メイン機としての活用は少し厳しいのでは、、、という印象だったminiですが、iPad mini 6からはメイン機として活躍できるほどのポテンシャルを持っています。

サブ機として

僕の使い方はこれに当てはまります。

メイン機としてiPad Proを持っていて、サブ機としてiPad mini 6を購入しました。

意外と2台あると便利な場面があり、2台持ち生活を満喫しています。

2台持つことのメリットとして、

  • Proでテキストを打って、miniで検索
  • 家の中で軽いminiを使う
  • 外出先で快適に作業するためにProを持っていく
  • ちょっとした外出はminiだけで行く

生活のちょっとしたところではあるのですが、使い分けることで最適な行動を選ぶことができます。

少し調べ物をしたい、ちょっとメモをとりたいなど、何か「少し」作業するときにサブ機としてminiがあると便利なことが多いです。

外出先で使う

iPad miniが1番輝く使い方だと思っています。

iPad miniを買ってから1番便利さを感じたのは、荷物の重量を減らせるということ。

僕はわりとどこに行くにもiPad Proを持って行ってしまうのですが(1台あれば時間も潰せるし作業もできるから)、そこそこ重くて疲れてしまうこともしばしば。

しかし、iPad miniなら、できることはほとんど変わらないのにも関わらず、重量が大幅激減!

いつもの持ち物がmini、財布、イヤホンの3つになって超軽量になりました。

これによって外出することへのハードルが減った上に楽しくなりました。

また、miniのサイズ感は外出しているときに使うのにとても良いサイズ感だと感じています。

カフェや電車でiPadの11インチくらいを出すとけっこう大きくて目立ちませんか?

せっかくゆっくり動画とかネットを見たいので、大きい画面が使いたいものの、悪目立ちして恥ずかしくなってしまい、スッとしまってしまうこと数知れず、、、

ですが、miniであれば目立つほどは大きくないけれども、見やすいサイズ感でカフェや電車の時間を楽しむことができます。

さらに機能性についてはもはやPro並みなので、写真や動画の編集だってやろうと思えばできます。ハイスペック。

持ち物の重量を減らしてくれるだけではなく、外出先での楽しさまでカバーしてくれます。

手帳/メモ帳として

手帳くらいのサイズ感なので、実際に手帳として運用をする人もいるそうです。

miniには手帳型ケースも販売されているので、手帳運用することも事実可能です。

また、手帳にするために親和性の高いアプリも複数個あるので、それらを活用することで紙の手帳以上の性能を発揮してくれます。

実際僕も一時期iPadを手帳化しようと考えて、SONYが出しているテンプレートを使ってiPadを手帳として使っていた時期もありました。

今僕が使用しているアクセサリのMOFTのSnapスタンドなどを使うと、立っていてもがっちり掴むことができるので、安定感を持って手帳に記入することもできます。

手帳ばかり説明してきましたが、同じく書くこととして、メモについても同じだけ可能性があります。

メモアプリも純正のものや愛用しているMapNote2など、様々なメモアプリがあります。

iPad miniはいつでもとりだすことができるので、パッと思いついたメモを書き漏らさないための機器としても合っています。

小さいショルダーバックや広めのポケットなどであれば入ってしまうサイズ感なので、いつでもどこでも取り出して使うことができるのが魅力です。

エンタメを楽しむ

iPad miniは動画やブラウジング、電子書籍を読むなど、エンタメを消費するのに優れたガジェットだと感じています。

上でも話しましたが、どこで使っても目立ちすぎないサイズ感によって、どこでも最高のエンタメを楽しむことができます。

  • おしゃれなカフェで読書を楽しみたい
  • 電車の中で周りの目を気にせず動画を見たい
  • 家で気軽に調べ物

など、軽さとサイズ感から便利に使用することができるシュチュエーションがたくさんあります。

性能の高さからエンタメを楽しむくらいであれば超快適に動作するので、ストレスフリーでサクサク動かすことができます。

まとめ

iPad mini 6の使い道についてまとめてみました。

正直サイズ感が中途半端な分、悩みも尽きないと思うのですが、買ってみるとこのサイズ感が最高であるということに気付かされると思います。

iPad mini 第6世代
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です