32GBのiPadって容量足りる?最小容量の使い方と使用感レビュー

32GB iPad

iPadの容量選びは購入にあたって重要な問題。

そこで悩むことが「本当に自分が選ぼうとしている容量で足りるのか」という不安感。

特にそれが32GBという小さな容量を選ぼうとしているのであればなおさら悩みますよね。

この記事では32GBのiPadを仕事で1年間使った僕が、使い方や使用感について感じたことをレビューしていきます。

使用はものすごく制限される

iPad 32GB

32GBという容量は想像以上に少ない容量であり、今のデータ環境の中でメインで使うものとしてはかなり心許ない容量であることは間違いありません。

32GBは想像以上に容量が少ないということは認識しておきましょう。

少ないデータの中で運用していく中でできないこととして

  • 写真・動画の保存
  • 音楽のダウンロード
  • 必要以上のアプリのダウンロード
  • 各種ファイルをずっと取っておく

などがあります。

データの管理が苦でない人にとってはいいかもしれませんが、こまめな管理が苦手な人にとってはかなり苦痛な使用になるかと思います。

1年間64GBのiPadを使ったときにも制限されている感は感じました。

iPad 64GB

64GBのiPadでも快適に使うための方法。64GBを1年使用して気をつけていたこと。

こまめなデータ管理がマスト

32GBを選ぶということはどういうことかというと、日々データの取捨選択との戦いです。

そもそも32GBを買ったとしても、最初の設定でOSのアップデートなどの初期設定を済ませてしまう時点で10GBくらい持っていかれます。

つまり実質20GBくらいの中で今後のデータ管理を全て行なっていく必要があるということです。

少ない容量のため、こまめにデータの整理をしておかないと何か新しいアプリを入れたり写真を撮ったりするたびに他のアプリや写真を消してからでないと作業できないなど、何か行うたびに毎回ストレスがつきまといます。

基本的にiPad内のデータは必要最低限にするために、こまめな管理が非常に重要です。

必要なデータに関してはクラウドで保存していつでも見られるようにしておく方が快適な気がします。

コンセプトを決めた使い方をする

iPad 32GB

32GBのiPadを使って感じたこととしては、「コンセプトを決めて使うのであればストレスなく使えそう」ということでした。

ここで僕の考えるコンセプトというのは使用の目的をはっきりさせるということです。

僕が仕事で使っているiPadは写真・動画の撮影と全体へのその場での共有が主な使い道となっています。

この使い方であれば、その場で撮影し、全体へと共有が終わった時点でデータ自体は不要となるので消してしまって、また次の撮影に容量を残して備えられるというような形になっています。

これは僕の使用環境の話なので、他の例で考えると

使用例
  • 家でYouTubeの視聴用に使う
  • サロンで音楽を流す
  • 電子書籍の読書
  • ノートアプリをメインに使用してノート&メモ帳として使う
  • ネットサーフィンを快適に
  • MacBookのサブディスプレイ
  • 特定のアプリだけを快適に作業する

サッと考えただけだとこれくらいで申し訳ないのですが、容量をたくさん使わなくても大丈夫な使い方は色々あると思います。

限られた容量なので全てを1台でこなすには難しいですが、何か1つを完璧にこなすことはできるはずです。

性能は変わらない

先ほど説明した、「1台でこなすには難しいですが、何か1つを完璧にこなすことはできる」については、容量によって性能に差があるわけではないということです。

各種モデルのiPadが発売されていますが、モデルによって性能は違いますが、容量によっては性能は変わりません。

つまり、できることについては変わらないので目的にあったモデルであれば存分に力を発揮してくれるはずです。

現に僕が使っているiPadは32GBで妻が使っている128GBのiPadは容量が違うだけで動作に関しては全く変わりがありません。

当然と言えば当然ですが、なんとなくイメージで容量小さいと動作も変わるのでは?とか思いませんか?僕だけですかね。

価格は魅力

iPad 32GB

32GのiPadは全iPadの中で最も安く、34800円(税別)で購入することができます。

iPadのタブレットとしての性能は最高の一言であり、他のタブレット端末の追従を許しません。

そんな業界最高水準のタブレットを3万円台で使えるというのは最大の魅力と言ってもいいでしょう。

また、学生・教職員であれば定価から2000円引き、1世代前のモデルでも良ければ認定整備済製品として15%オフで購入することができます。

価格一覧&リンク

いつかアップデートができなくなる

これはOSサービスが終了するということではなく、容量の問題でアップデートができなくなるかもしれないということです。

最近は大幅なアップデートもめずらしくなく、iPadはより快適に使えるタブレットとして進化しています。

そのせいもあり、アップデートには大きなデータ容量を使用することも多々あります。

アップデートは避けては通れない道であり、動作を安全にするためにも最新のもをインストールしておくべき。

ですが、容量の少なさから長期にわたって使用していた場合は、OSのサービスの対象から外れてしまうよりも先に、容量が足りなくなってしまってアップデートができなくなってしまうことも十分に考えられます。

2年くらいの使用であれば対応できるとは思いますが、思うようにアプリが入れられなくなるかもしれません。

購入にあたっては自分が何年間使う予定なのかも考慮した方がいいかもしれません。

32GBのiPadを買って幸せになる人

僕が32GBを使ってみて思ったことをまとめてみたので、購入前に下記のことを参考にしてみてください。

  • こまめなデータ管理は苦ではない
  • 使用用途が明確
  • 本体にデータは保存しない
  • データ管理はクラウド利用を想定
  • 使用期間は2年くらい

32GBのiPadを買って後悔する人

総じて、全ての作業を1台でこなしたい人には向いてない容量だと考えています。

  • データは本体に保存しておきたい
  • 色々な作業を1台でこなしたい
  • クラウドでのデータ管理は考えていない
  • 写真や動画を好きなだけ保存しておきたい
  • 長期間使用する予定

64GBを使ってみた感想

僕の最初の愛機であるiPadは64GBのiPad Air 3。

使用し始めて2年が経とうとしていますが、1年使ったところで64GBに関することを書いているので合わせてどうぞ。

iPad 64GB 容量

iPadの64GBって容量足りるのか?1年間64GBモデルを使ってみて感じたこと。

まとめ

コンセプトを決めて使えるのであれば32GBというのは価格が安いのに性能は変わらないので、コスパがいいともとれます。

ただ、全ての作業を1台でこなそうとするには難しさがある容量なので、使い方をしっかり考えてjから購入するのがオススメです。

iPadおすすめのアクセサリ

アクセサリを適切に購入することでiPadの魅力は跳ね上がります。この記事では絶対に買っておきたい3つのアクセサリを紹介。

iPad アクセサリ おすすめ

【おすすめ】iPadを買ったらそろえたいアクセサリ3選

初めて選ぶiPadのススメ

iPadを2台持ちするほどiPadを活用している僕が、もし今から買うならどのモデルにするのかを用途別にまとめてみました。

iPad 比較 おすすめ

【2021】初めて選ぶiPadはこれ!用途別おすすめまとめ

iPadを少しでも安く買う方法

iPadを少しでも安く購入する法方をご存知ですか?もしかしたら自分に合ったiPadが今買おうとしていた値段よりも安く買えるかもしれません。

Apple 認定整備済製品

Apple製品を安く買う方法まとめ。割引できる方法5選【iPad/MacBook】

iPad Air 4のコスパはいいの?

新型のiPad Air 4ははたして本当にコスパがいいのか?iPad Proと購入を悩んでいる人向けに考察記事を書きました。

iPad Air 4

iPad Air 4は買いなのか?iPad Proとの違いを比較してコスパを徹底検討【価格/性能】

128GBのiPadが最適解!

iPadを買うときの容量問題を解決。

iPad コスパ

iPadの容量って何GBを選べばいいのか?オススメは128GBモデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です