【2020】初めて選ぶiPadはこれ!用途別おすすめまとめ

生活を大きく改善してくれる魔法のガジェット「iPad」

でも今現在発売されているモデルは全4機種もあって、さらには容量や性能まで考えるとどれを選べばいいのか、、、

ということで今日は用途別におすすめのiPadについてまとめてみました。

現在のiPadのラインナップ

現在発売中のモデルは全4機種あります。


  • iPad(無印)
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad Pro

iPad(無印)

  • 画面:10.2インチ
  • 発売日:2019/09/30
  • 価格:34800~
  • 容量:32GB/128GB
  • カラー:スペースグレー/シルバー/ゴールド
  • Apple pencil:第1世代


一番スタンダートなモデルです。

他の機種についてはiPad「○○」といった具合に何かしら語尾に書いてありますが、スタンダートなこのモデルはiPad表記だけなので、無印iPadなんて呼ばれています。

無印だと性能が悪いのか?というとそんなこともなく、日常使用であればそこらのスマホよりよっぽど快適な動きをします。スタンダートですが特段性能が悪いということはありません。

強いてデメリットを挙げるとすると、Air・Proと比べて画面のサイズが少しだけ小さいことぐらいでしょうか。

まさにスタンダート。

iPad Air

  • 画面:10.5インチ
  • 発売日:2019/03/18
  • 価格:54800~
  • 容量:64GB/256GB
  • カラー:スペースグレー/シルバー/ゴールド
  • Apple pencil:第1世代


2017年に発売されたiPad Proと同等の性能を持ちつつ、機体の軽さを兼ね備えさせたコスパ最強機です。

Proモデルと同等の性能があるので、これあればおおよその作業であればストレスフリーに作業ができるでしょう。

画面サイズも程よく大きく使いやすいし見やすいです。

今現在発売されているのはiPad Air3ですが2020年9月にiPad Air4が発売されるのではないかと?と噂されています。

おすすめな機種ではありますが、少し待つと最新機種が買える可能性があります。

iPad Air3を使って1年たったのでメリット・デメリットをまとめる

2020年3月7日

iPad mini

  • 画面:7.9インチ
  • 発売日:2019/03/18
  • 価格:45800~
  • 容量:64GB/256GB
  • カラー:スペースグレー/シルバー/ゴールド
  • Apple pencil:第1世代


小ささの中にパワフルさを。小さいながらも性能で遅れをとることはありません。

サッと取り出して使えるのが魅力的ですね。

以前のminiモデルはApple pencilには非対応だったのですが、最新機種から対応になりました。

普通のアイパッドは大き過ぎていらないけど、小回りの聞くタブレットは欲しいという人にはピッタリな機種です。

iPad Pro

  • 画面:11インチ/12.9インチ
  • 発売日:2020/03/18
  • 価格:84800~
  • 容量:128GB/256GB/512GB/1TB
  • カラー:スペースグレー/シルバー
  • Apple pencil:第2世代


全iPadの上に立つハイエンドモデル。これがあればクリエイティブな仕事も趣味もなんでもできます。無限の可能性が詰まっている。

他モデルとの大きな違いとしてはベゼルレスの大きな画面、Apple pencilが第2世代対応というところでしょう。

僕もProモデルが出た時に購入したのですが、大きい画面の使いやすさや、どんなアプリを使っても落ちずにサクサク使えることなど、他のiPad使用時に感じていた不満は全て解消されました。

iPad Proを買うべき人まとめ。iPad Air使用1年を踏まえて考えた。

2020年3月9日

用途別おすすめ機種

ここからは用途別におすすめモデルを選んでいきます。

観賞用:iPad(無印)128GB

基本的な使い方が動画視聴・音楽鑑賞・ネットサーフィンなどの鑑賞用になりそうな方にこのiPad(無印)の128GBがおすすめです。

理由としては


  • 鑑賞だけであればスタンダートでOK
  • 初めて持つなら普通のサイズがいい
  • 32GBはアップデートだけで容量なくなる


安いモデルとして32GBがあるのですが、これはおすすめできません。

iPad自体のアップデート数回しただけで容量がなくなってしまいます。

それではiPadを楽しむことができないので64GB以上は必須なのですが、64GBモデルはないので128GBに。

128GBモデルだとしても価格が44800円なので、iPad Airよりも1万円ほど安いのもポイントです。

スタンダートモデルですが、1番スタンダートな性能をしているので、初めて買うならこのモデルで間違いない、といった感じです。

鑑賞などで使いながら、他の用途にも使いたくなってきたときに他のモデルを検討してみてもいいと思います。

勉強・仕事:iPad Air 64GB

勉強や仕事に使っていくぞ、という人にはiPad Air 64GBがおすすめです。

勉強や仕事に使っていくとなると少し重たい作業をすることが想定されます。

例えばノートアプリに写真を挿入しながらコメントを入れること、資料のレイアウトなどを作る、簡単な動画編集などを行うなどなど、、、

少しクリエイティブな要素が増えてくると思います。

こうなってくると使うアプリが少し重たいものになるなど、場合によってはアプリが落ちることなども考えられます。

なのでその不安要素を少しでも取り除く意味でも性能に安定感のあるAirモデルがおすすめだと言えます。

「本気」の趣味・仕事:iPad Pro 256GB

行う作業として


  • 動画編集
  • 写真加工
  • 音楽制作
  • ゲーム


などを高いレベルで行うことを想定しているのであればProモデルをおすすめします。

Proモデルまでくるとパソコンと遜色ないレベルで使うことができます。

そこにタブレットの軽快さも持ち合わせているので、どこでも高いレベルで楽しみ、仕事をすることができることになります。

動作も非常に安定しているので、コンマ数秒が命になるゲームではもちろん、書き出し速度も上がるので動画編集もスムーズにできるようになると思います。

このiPadを本気で楽しみつくす!と考えているひとであれば、下手に遠回りをせずに最初からProモデルでもいいと思います。

容量に関しては本気で使うのであれば64GBではなく256GBにしてどんなデータでも保存できる体制を整えていてもいいのではないかと考えます。

まとめ

僕の独断と偏見による用途別のおすすめでしたが、参考になれば幸いです。

何か質問等がありましたらコメントに書いていただければ回答します。


  • 【iPadを持っていない人が持つべき理由】

iPadを持っていない人が持つべき理由

2020年7月25日
  • 【Apple製品を少しでも安く買う方法】

Apple製品を少しでも安く買う方法知ってる?お得に買う方法5選

2020年8月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です