ローンはあり!早めにギター・エフェクターを手に入れる方が得な理由。

ギターやエフェクターを買っているとあるところでぶつかるのが、「少し高い機材が欲しくなる」ということ。

だからと言って自分の収入が増えるわけでもないし、宝くじが突然当たるわけでもない。

こうなると残されている手立てとしては2つ。


  • 買える額まで貯金をして待つ
  • ローンをする


今すぐ欲しい!でもローンは、、、

そんな人が多いとは思いますが個人的にはローン推奨派です。

今からローンのメリットとデメリットをまとめていきます。

ローンをすすめる理由

なんとなくローンって怖いイメージがありますよね。

しっかり期限まで払えるのかとか毎月払うのはしんどいんじゃないかとか。

でもこの悪いイメージを乗り越えた先にはメリットしかないと思っています。

個人的に考えている最大のメリットとしては「早く弾ける」ということです。

貯金して一括で買うのは確かに安心。

買った瞬間から何も気にすることなく弾ける。

実際お金があるのであれば一括が安心でしょう。

しかし、お金を貯めるのにどれくらいの期間がかかるのでしょう?

買うまでに何年も我慢して買うのは確かに美談だなと思いますけど、何年も待つくらいなら弾きながら払い続けた方が長い目で見ると効率的ではないでしょうか?

これが僕の考える主張なのですが、弾けない期間が長いくらいなら、払いながら弾いた方が上達もできるし、所有欲も満たせるということです。

お金を貯めるのは確かに大切ですが、貯めている間にも自分の大切な時間は過ぎています。

もし大学生であれば、その機材が1番弾ける時期は今かもしれません。

社会人になったら憧れの機材を容易に買えるかもしれませんが、人前で披露する機会はめっきり減ってしまうかもしれません。

いつか買うなんて言っていたら、そのいつかは必要のない生活になっているかも。

ローンについて知ればそんなに怖くない

ローンの怖さのイメージって毎月払えるのかとか利息についてなのではないでしょうか?

このあたりの不安感であれば大した問題ではないことが少し考えればわかるようになります。

毎月払うことについて

定期的な収入がない学生には定期的に払うことに対して不安が付きまといますよね。

でも定期的に払うと言っても毎月いくら払うのを予想していますか?

月2万とか?月10万とか?

ちなみに月10万なんて社会人でもきついローンだし、月10万レベルのローンだとそれは住宅購入と同レベルです。

ギター・エフェクター程度の金額ではこんなにきつい支払いになることはないでしょう。

正直月々の支払いは自分で決めることができるので、自分に負荷がかからない金額を自分で決めて調節できるのです。

実際に僕は10万円分のスイッチャーとエフェクターを買った時はフルローンをして買っています。

この買い物の際の月々の支払い金額は5000円にして、支払い回数は20回でした。

5000円くらいであればそこまで負担間は大きくないのではないでしょうか?

極端な話をすると月に1回5時間働けば稼げてしまう額です。

高額な機材が欲しいと言っている人たちは一生懸命働いてる人が多いのではないかと思います。

その中の5000円なら捻出可能額なのでは?

利息について

お金は借りたら高額になってしまう。

確かにこれは真理ですし、これをビジネスにしているのがアコムやレイクなのどの消費者金融です。

ですが意外と楽器屋は優しいことが多いです。

24回まで利息なし、48回まで利息なし、なんて書いてあるポスターを店内で見たことないでしょうか?

ありがたいことにけっこうな確率で楽器屋では利息無料で買わせてくれることが多いです。

もし利息がないのであればどうでしょうか。

確かに月々の払いはありますが、最終的に払う金額は同じなわけです。

であればいつ払うかの問題になるわけで、それなら早めに買った方が得した気分になりませんか?

不安を取り除くためにすること

僕は学生のうちにローンは3回やりました。もちろん全て完済しました。

1回も滞りなく払い続けるために意識したことが2つあります。

1回も滞りなく払い続けるために意識したことが2つあります。


  • 月々の支払額を抑える
  • あらかじめ3ヶ月分の支払い金額は持ってお


毎月高額の支払い金額を払い続けるのはけっこう負担です。

少ない回数で返しきる!と決めて高額にするのはいいかもしれないですが、ゆっくり返していこうとするのに高額の返済はけっこう精神的にきます。

だから毎月の支払いは低いにこしたことはないです。

学生なら5000円、高くても1万円くらいに月々の支払いはおさめた方が心が安定します。

お金に関する不安感って結構心身の状態に影響があるので、気を付けましょう。

「余裕」が大事です。ほんとに。

あらかじめ3ヶ月分の支払い金額は持っておく

当時は学生だったので月に稼げる額は不安定でした。

2万円払っても大丈夫な月もあるかもしれないが、3000円でも厳しい月もあるかもしれない。

はたまた自分が怪我して3ヶ月くらい働けなくなってしまうかもしれないなど、、、

最悪を考えながら購入は考えてました。

月末に支払いに追われてバタバタしたくはないなー、ということで買う前に気を付けていたのはある程度現金で持っておくことです。

ある程度お金を持っていれば、今月は少し休んだ働き方でも大丈夫だなと考えることができて、心の余裕につながります。

限界ギリギリでローンをするのではなく、資金には余裕を持ってください。

安心して生活できます。

デメリット

払う金額も同じで早く弾けるなら得しかないとすら思っているのですがデメリットにも触れておきます。

デメリットとしてはやはり月々の支払いです。

いくら払う金額は同じとはいえ、毎月定額のお金が通帳から引かれていくのは見てて安心できることではありません。

大丈夫なんだけど、なんとなく不安、、、

そんな気持ちになってきます。

あとは全部払うまではどことなく借り物間が出てしまいますね。

ふとした瞬間に、そう言えばまだ支払い終わってないのか、、、みたいな。

デメリットは主にメンタル面ですね。

まとめ

お金と向き合って考えれば意外とローリスクで欲しいものが買える制度っていうのはあります。

ローンも上手に活用すれば数年はどう頑張っても買えなかったものがすぐに手に入ったりします。

早く手に入れたことによって人生が豊かになったり変わる人もいるはず。

ローンと上手く付き合って良い音楽ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です