マグネット充電ステーションがデスク機能を爆上げする!|Anker/Magnetic Charging Station【MagGo】

Magnetic Charging Station

Ankerからさらなる便利アイテムシリーズとしてMagGoというラインナップが発表されました!

去年発売したiPhoneのMagSafeを受けてマグネット式のガジェットを発売していたAnkerでしたが、ここでさらに販売を強化してきました。

今回しん商品として発売されたものは5種類ありますが、個人的に特に気になったのが今回購入したマグネット充電ステーションことMagnetic Charging Station。

デスク周りの充電関係で悩んでいたことを解決してくれる劇的なガジェットだと感じたので、感動のポイントをレビューしていきます。

特徴

  • 8台の機器を同時充電
  • ワイヤレス充電器/USBポート/コンセント搭載
  • 強力マグネットでピタッと置くだけ
  • 1台でデスクがすっきり
  • コンパクトな設計
  • 最大65W急速充電

スペック

サイズ約112×110×103mm
カラーホワイト
重量約580g
ポートマグネット式ワイヤレス充電パッド コンセント差し込み口×3 USB-Cポート×2 USB-Aポート×2
USBポート合計出力合計65W

8-in-1という多彩さ

なんといっても惹かれる魅力は圧倒的な充電ポートの充実具合。

  • ワイヤレス充電器
  • コンセント
  • USB-Cポート×2
  • USB-Aポート×2

これらが完備されている多彩さは驚かされます。

これまでもタワー型でコンセントとUSB-Aが取れる使用のものは見かけたことがありますが、ワイヤレス充電とUSB-Cが備わっているのは初めて見ました。

これ1台あるだけで充電関連の困りごとを一掃できてしまうほどのポテンシャルがあります。

MagSafe対応充電が快適すぎ

今家で使っているワイヤレス充電器は、同じくAnkerのPower Wave +Pad with Watch Holderというモデルのものなのですが、1つ少し煩わしく残念な点があります。

それがワイヤレス充電の位置が1発でピタッと決まらないこと。

これはこの製品だけではなく、他のワイヤレス対応機器にも共通ですが、充電できるポイントを探し当てるまで若干面倒だということ。

それに引き換えMagnetic Charging StationではMagSafeに対応していることによって1発でピタッとくっつけることができます!

これまで若干の面倒が億劫となってなんだかんだiPhoneのワイヤレス充電をしていなかった僕ですが、Magnetic Charging Stationを導入してからは積極的に使っています。

斜めの角度も貼り付けやすくて非常に使いやすい!

Anker
モバイルバッテリー

デスクの景観を壊さないデザイン

なんといってもコンパクト。それでいてシンプル

充電ポート系はどうしても大きくなったり、形が特徴的であったりしてどうしても机の景観を損ねることがあったので、机の上に出していても様になるというのは魅力的なポイント。

僕もAnkerの充電ポートは持っていますが、サイズの兼ね合いで机下のケーブルトレーの中にぶち込んでいる状態なので、見せる電源ステーションというのは逆転の発想だと感じました。

また、見せることにともなって、コンセントの差し口が背面にあるなど、机上に出していても違和感のないようにするためのデザインになっているところも気に入っています。

高さがなくコンパクト

タワー型ではなく、ソフトボールくらいの大きさ。

ちょこんと机の上に置いておけるサイズ感がなんともちょうどいい。

小さくはあるものの、ポート関係の幅はしっかりと感覚がとられているので、混み合う心配もなし。

唯一コンセントの差し込み口に関してはあまに余裕がなさそうなので、大きい口のコンセントを挿すと収まりきらないかもしれません。

65W給電に注意

個人的に買った決め手になったのは65W給電に対応とあったからでした。

そろそろMac備え付けのデカすぎ充電器を卒業したくて買ったのですが、65W給電を求めている人には注意が必要な製品でした。

この製品においての65W給電は合計で65W給電ができるというものでした。

詳しくは公式の表を見ていただきたいのですが、確認してみるとUSB2ポート利用の際に、45Wと20Wの電源を流すことができると書いてあります。

そう、つまり単体で65W出せるわけではなく、全体の合計として65W出るときもあるというのがこの充電器の落とし穴。

最大出力ですら45W、他のポートもフル稼働させていくと1番小さい出力では20Wとなります。

つまり65WでないのでMacBookの充電には対応できず、僕は今後もデカすぎ充電器を使うことが決定してしまいました。

これから購入を検討されている方は65Wのところを気をつけてみてください。

あまり高出力ではなく、全体的にスマホなどの小さめの機器を高速で充電するデバイスぐらいに考えていた方がしっくりきました。

MagSafeで魅力が最大限発揮

ワイヤレス充電がありつつも、MagSafe対応のワイヤレス充電ということは重ねて注意が必要な点。

MagSafeがある機種ではないとワイヤレス充電部分では充電をすることができません。貼り付けないので。

現状ではiPhone12、13シリーズにしか対応していないことになります。

傾斜があることによってMagSafeが使える製品にとっては充電しやすいだけですが、他の機器についてはすべって落ちてしまうどころかそもそも充電もできないので、対応機種がないと前面部分の良さが全く使えません。

対応のiPhoneを持っているかどうか確認してみてください。

デスクを快適にできる

注意点を言ってしまったのものの、便利であることは変わりのない事実。

PC周辺の機器を集めていくとどこかでぶつかってしまう充電問題。

それを多彩さとコンパクトさで解決してくれるというのはかなりありがたいところ。

さらに有線の充電だけではなくワイヤレス充電にも対応しているのはデスクの環境を一気に変えてくれる力を持っていると言えるでしょう。

まとめ

また痒い所に手が届くような製品を出してくれたAnker。ますます好きになってしまいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です