【レビュー】ブリヂストン バトラックス S20EVOにタイヤ交換した

ブリヂストンのバイク用タイヤを買いました。ブリヂストンです。ブリヂストンではないのです。

正式名称はジではなくヂであるということを初めて知りました。

そもそも僕はバイクには乗るものの、メンテナンスなどはからきしで全部お店にお任せのバイクライフを送っていました。

しかし先日たまたまバイクにとても詳しい人たちと知り合いまして、そこからズブズブとバイクの機材沼にはまりかけてる最中というわけです。

そんなこんなでタイヤを購入することになったのでレビューしていこうと思います。

購入理由

僕のバイクはCBR250Rの2011年式です。

1オーナーの状態の中古で買って、自分のもとにきてからは4年が経とうとしています。

そんな愛車なのですが、最近ちょっと気になることが。

それは、納車後から消耗品を含め、部品の交換をほぼしたことがないこと。

これはメンテナンスをサボっているとかではないんです。

わからないなりに気を遣って半年に1回はメンテナンスに自主的に出してはいるんです。

メンテナンスのたびに「悪いところとか消耗品の交換などはないんですか?」とディーラーに効くんですけど「大丈夫ですよ」の一点張り。

正直ほんとか?って疑いはじめてました。

そんな時に知り合ったバイク好きの方とツーリングに行く機会があって話を聞くと、あれやこれやと買い替えが必要な箇所が出てくる出てくる、、、

特にタイヤに関しては前オーナーの時から変えていなかったので、8年間履いていたということがわかりました。

別に8年履いていることが悪いわけではないとは思いますが、バイクを支えるものがずっと交換されてないのは不安だったので、この機会に交換することに。

特徴

「ストリートからサーキットまでカバーするハイパースポーツラジアル」

これがブリヂストンが掲げるS20EVOのコンセプトだそうです。

また、対象のユーザーとしては


  • ワインディング等スポーツライディングをメインにツーリングから通勤まで楽しみたい
  • スーパースポーツ車でウェット性能もライフも求める
  • サーキット走行を始めてみたいと考えている


といった層におすすめとのこと。

公式サイトhttps://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/products/detail/pr006/

僕の乗り方だと


  • 街乗りがメイン
  • ツーリングはほどほど
  • サーキットはなし


こんな具合になります。

公式の対象ユーザーを見てみると若干外れているようにも思いますが、これからツーリングが増えていくのかな、とも思いますし問題なしです。

また、特徴としては高いグリップ性能も挙げられると思います。

以前まで履いていたタイヤはどこなく滑ってしまうような感じがして非常に不安でした。

ですがこのタイヤはカーブなどにも強い設計になっているので、街乗りがメインの僕だとしてもカーブなどでの安全性が上がるということはより安全に乗れるのは魅力に感じます。

乗り心地

  • 地面に吸い付く
  • 衝撃緩和
  • 曲がりやすい



ざっと感想まとめるとこんな感じです。

適度にタイヤが溶けるということで、グリップ力が強いみたいです。

そのおかげもあってかカーブに非常に安心感を持って走行することができる。

曲がりがバイクにとっては事故の鬼門になるので、そこに安心感があるのはありがたいですね。

衝撃緩和についてはタイヤの性能がいいのか、以前のタイヤの性能が悪すぎたのか微妙なところがありますが、手や体への負担が軽くなったような気がしています。

まとめ

ブリヂストン パラドックス S20EVOに変えてみて


  • 見た目がシュッとしてスポーティーに
  • 安全性が上がった


この辺りが特に気に入っている点です。

カーブがしっかり曲がれるようになったことで、今後のツーリングがより楽しいものになりそうで非常に楽しみになっています。

またどこかに出かけた時にレビューしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です