iPad Airを半年使ってみた使用感について

この春から新社会人になったわけですが、記念すべき初任給で買ったものがiPad Airになります。

ちょうど3月に新モデルのiPad Airが発売されたのもちょうどいいタイミングでした。

使い道

  • PDF管理
  • メモ・記録
  • 思考整理
  • ネットサーフィン
  • 動画視聴



ざっと使い方一覧です。

正直こんなに活躍すると思ってなかったくらいには活躍してくれています。

それでもって仕事も私生活も大いに活躍してくれています。

仕事では主に資料整理に一役買ってくれています。

大量の書類をiPad Air一台にまとめられて非常に楽に管理できています。

また、iPad Airの機動性の良さを生かして会議の議事録をとるときにも活躍。

さっともっていきサクッと議事録をとる。スマート。

私生活のほうでは主にネット見たり動画見たりですが、iPhoneとの違いとしては画面が大きくなるというシンプルな違いですがこんなに快適さが違うものなのか正直驚きました。

機能が同じでサイズだけ違うだけだろ、、、とわりとiPad否定派だったのですが使ってみて手のひら返し。

いろいろなことが使いやすすぎる。快適。

この一台のやること全部楽しくさせてくれます。

容量だけ失敗したかも

お金がなかったというのが1番の理由だったのですが、容量は最小の64Gを選択。

メインはiPhone Xだから容量はそんなにいらないかなという考えだったのと、そんなに使うかもわかんないしなーって感じで選んだわけなのですが。

しかし、買ってから予想以上の大活躍。ケチったのをなかなか後悔、、、

一眼で写真を撮ることが多いのですが、その写真を見る時にiPad Airだと画面も大きいし見やすいしで非常に便利です。

が、この写真をiPad Air内に保存しておくと64Gしかない関係ですぐに容量いっぱいになってしまいます。

このような問題があるおとから写真は基本的にはGoogleフォトで管理することに。

見たい時に一手間あるのがなんだか微妙にストレス。全部一括で管理できてればこんな煩わしさもなかったのかと考えるとやや失敗したなと。

Apple Pencilは買うべき

手書きメモとかも使っていきたいなと思っての購入でしたが、これが本当に大活躍。

スタイラスペンは野暮ったいイメージと使いにくさが印象的だったのですが、Apple Pencilは他の製品と圧倒的に違いました。

1番圧倒的だと思うのは書き心地。サラサラと書けるしほぼ遅延なし。本当に紙に書いているような感覚で書き続けることができます。

書いやすいのでどんな場面でもサクッと登場して活躍してくれます。

対応のiPad使ってるなら必須級の商品だと思います。

まとめ

こんなに生活の中で必要になるモノだと思っていなかったので自分でも驚いています。

次のproモデルは使い道の心配などなく、容量やスペックを惜しまず買ってしまいそうで今からお財布が心配です。

間違いなく買ってよかったと胸を張って言えるモノ買えて大満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です