【レビュー】捨てる時間術を読んでこれから意識したいこと

自分にとって本当に大切な時間の見極めってできているでしょうか?

そして時間を守るための対策は何かしているでしょうか?

せっかくの人生、最大限楽しんでいきたいですよね。

この本には自分にとって本当に大切な時間=好きなこと・大切な人といる時間・快適な生活をするためには何を重視して何を捨てると幸福度が上がるのかについて書かれています。

最近自己啓発本読むことが多くなってきたので合わせてどうぞ。

今後の思考を根本から変える!!「バカとつき合うな」を読んでみて

2019年8月22日

【レビュー】時間術大全のまとめ

2019年8月19日

アナログでいない

「不便はないから新しくする必要はない」

はたしてこれでいいのでしょうか。

確かに使えるものを最大限使い切るという発送は正しいと思います。

しかし、技術は日々進化しています。

以前までは30分かかっていた作業を5分で終わらしてくれるような機械がでるなど、生活の効率化を促してくれるモノが溢れています。

導入コストはかかりますが、効率のいいモノというのはお金で時間を買っていることと同義だと思います。

これらのモノにアンテナを張っていることで作業を効率的に行えるようになることから、最新のデジタル機器やITツールなどは知っておいた方がいいということになります。

「新しいことを覚えることが時間の無駄」という風に考えてしまう人もいるかもしれませんが、一度覚えてしまえば圧倒的に効率が良くなることもあります。

便利さを知っているか知らないかでは出せる選択肢も違うということです。

お金の勉強を先送りにしない

お金の無駄使いは時間の無駄です。

せっかく自分の時間を割いて働いて手にしたお金を無駄にしてしまったら、それはお金の無駄=時間の無駄ということになります。

今世間では消費税増税や老後2000万円問題などお金の問題は尽きることがありません。

そんな大切なお金だからこそ無駄にしないことが人生の幸福度の向上や時間の節約に直結するのではないかと考えられます。

お金については誰でも簡単に増やせるようにさせないために、あえて難しい説明をしているように感じています。

特に税金の細かい制度なんかはお金持ちがお金を守り、お金がない人・勉強していない人からお金を搾取する一面もあるのではないかと感じています。

だからこそ少しの勉強でお金を守ることもできますし、逆に少し知らないばかりに大きな損をしてしまう可能性まであるということです。

基本的に心の余裕や生活の質の必要な資質としてお金に余裕があるかどうかは必ず入ってくると思います。

理想の生活を掲げたとしてもやはりかんがえなくてはならないのがお金の問題です。

現代では少し悲しい話かもしれませんが、最低限のお金の上で成り立っていることが多いのではないかと感じています。

だからこそお金の勉強の先送りは時間の無駄、ひいては人生の無駄に直結していると言ってもいいでしょう。

まとめ

自分自身なんとなく感じていたことを、詳細に文章にしている本でした。

他にも大切なことをたくさん書いている本だったので読みごたえがありました。

大切なものは1番に考える上での取捨選択についてどうしているか悩んでいる人にはおすすめの1冊だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です