骨伝導のイヤホンが新感覚で期待値を超えてる

みなさん、骨伝導イヤホンってご存知ですか?

端的に説明すると「振動で音楽が聞こえるイヤホン」

耳の穴を塞ぎません。振動です。

そもそも音は振動で、その振動が何やかんやで脳で電気信号にまで変換されることで「聞こえた」状態になるわけです。

だから振動さえ脳に伝達できれば耳の穴から音を聞かなくても音が聞こえる、というのがざっくりとした説明になります。

振動で音が聞こえるのかよって疑い深い人もいると思うのですが、けっこうすごいです。新感覚ですよ。

見た目

僕はBearoamの骨伝導Bluetoothイヤホンを購入しました。

Amazonで売ってます。

一見耳の中に入れるような部分がありますが、これは耳にかける部分なので、耳はふさがりません。

この部分が

赤丸のところにふれます。

音質

意外と聞こえるし、耳元でスピーカーが流れているような感覚。

どこから音が聞こえてくるのか不思議な感覚になります。

自分で聴くとけっこうな音量が出ている場合にも周りには聞こえてません。

ただ、密着するとやや聞こえてくるので、満員電車などには向かないかな、と思います。

このイヤホン自体から音も少し出ているのですが、それ以上に振動しています。

音が強くなると振動も強くなります。

音質としてはもちろん音楽は流れています。ただ、しっかり音楽を楽しみたい!という方については音の立体感などが薄く、あくまでも耳元でスピーカーから流れてくる音を聞いているような感覚です。

そこそこの音質でもいいから音楽が流れていればいいぐらいに思っているとちょうどいいと思います。

また、耳が空いているからこそ会話なんかもそこそこ聴くことができます。

音楽は聴きたいけど、周りの音には気づきたいという人には最適だと思います。

なぜ骨伝導を選んだか

僕の場合はですが、自転車に乗っている時に音楽聴きたかったからです。

今自転車で通勤なのですが、せっかくならこの移動時に音楽を聴きたいな、と。

しかし、自転車に乗りながらのイヤホン着用は禁止です。

そこで「骨伝導なら耳が空いてるからいいのでは?」と考えたわけです。

少し調べてみると耳があいていることもあり原則禁止ではなさそうです。

ただ、なるべくなら使用しないでほしいというのが警察の方針のようなので、着用を考えている人は十分に注意をしてください。

注意は必要ですがこのおかげで通勤時の音楽ライフを手に入れました。

意外と後ろからの音も聞こえますし、自転車乗りながらやや合法的に音楽を聴ける手段として個人的にはとても満足しています。

また、僕はあまり思ったことがないのですが、両耳を塞ぎながら移動するのことに不安感を覚える人もいるそうです。

確かに後ろの人の音に気づくことができないなど、イヤホンをの遮音性が高すぎるがゆえに気にしてしまうこともあるかな、と思いました。

まとめ

おすすめ

  • 両耳をふさぎたくない
  • ある程度音質は妥協できる
  • 新感覚を試してみたい


向かない人

  • 音質重視
  • 振動が苦手


イヤホンなのに音質を重視するな!っていうのはちょっと変ですが、当てはまる人には意外と欲しかったガジェットなんじゃないかなと思います。

僕は通勤で使ってるのでほぼ毎日の使用です。

ただ家に帰れば他のイヤホンやヘッドホンも使用する、といった形で状況によって使い分けています。

珍しい感覚で聞こえてくるのが楽しいので試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です