今後の一眼レフ事情を予想。次に自分が買い換えるなら?

こっそりひっそり一眼レフカメラを楽しんでおります。

使用機材はCanon Eos kiss x9を使ってます。

最近単焦点のレンズや望遠のレンズなんかも追加されてなかなかうきうきです。

ですがあいにくの雨続きなので早く晴れの日にカメラ片手に出かけたいですね。

最近カメラを楽しむようになってきて少しだけ考えるのが今のままのASP-C機を使い続けるのかフルサイズカメラを導入するのか、はたまたミラーレス一眼を候補にいれるのかということ。

別に一眼レフが仕事になっているわけでもないので、正直なところは自己満足ということになりそうです。

しかし、今後ブログや動画撮影なんかも力を入れていきたいので、それならば趣味と実益を兼ねて機材を買いつつ楽しみながら進歩していくのは理にかなっているのかなとも感じています。

趣味にそんなにお金をかけるなんて!と考える人もいるかもしれませんが、モノとして残るものであれば、最近ならばメルカリで売るなどして全額が全くかえってこないというわけでもないですし、比較的気軽になんでも買える時代なんじゃないかと思っています。

こんな考えをしていることもあって気になったものは悩むぐらいなら買ってもいいのでは?なんて考えで日々必要なものは購入しております。

いろいろ長くなってしまいましたが、本題はここから。

今後買い換えるなら何を買う?

今一眼レフカメラは転換期にきているように感じます。

つい最近ソニーから新たにフルサイズミラーレスが発売することが決まりましたね。

このように最近は一眼レフではなくミラーレスカメラが主流になってきているように感じます。

事実Canonでも去年今年とミラーレスカメラの新型が発売されています。

この流れを考えると今から買い換えるのであればミラーレスということになるのでしょうか。

少しだけ不満があるとすればレンズのマウントが違うので今までのレンズをどのように生かしていくかというところでしょうか。

今後の発売予想

エントリーモデルで撮っているだけでも楽しいので、高性能なカメラはもっと楽しいのだろうと胸を膨らましています。

だからこそ気になるのが新作発売の予定。

せっかく買うなら新機種買いたいですね。

ガジェットなどの機械系の製品は新製品と旧製品で性能が驚くほど違ったりするので、個人的には最新機種を適度に追い求めていきたいと考えています。

そしてカメラの新製品の予想としては、これからオリンピックが始まるわけですから、この機会に合わしてカメラ業界も動き出さないわけがないのでは?というのが個人的な意見です。

ありふれた予想かもしれませんが、オリンピックがあることで期待は高まっています。

お金が貯まっているタイミングで発売が告知されることを願うばかりです。

まとめ

今後自分が買うのであればミラーレス、そしてオリンピックに標準を合わせてきた新製品を狙いたいかな、と考えています。

既存の良い製品ももちろんいいのですが、せいっかくなら新しいモノを使い倒すというのも楽しいかなと思っています。

より一層カメラの情報が待ち遠しくなってきました。

それまでにもっと写真撮って腕を上げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です