エフェクターが増えてきた?ボードを作ろう!

どうも、あおいです。

今日は僕も大好きなボードについて書いていこうと思います。

僕はエフェクターが好きなわけですが、最初はまった理由は単純にエフェクターがたくさん並んだ姿がかっこよく見えたからです。

必要に迫られてだんだんと大きくなっていったという人もいると思うのですが、僕は最初から大きくすると決めて買い物していました笑

かっこいいから買うという人も少なくはないと思うのですが、少数派ではあるのかなと思うのでなぜボードを組む必要があるのかというところについて話したいと思います。

持ち運びが便利になる!

単純にこの理由だけの方もいると思います。

エフェクターが増えてくると1つずつを持ち運ぶのは大変めんどくさくなります。バラバラに運ぶことで傷つく可能性もあると思います。

エフェクター2〜3個くらいになってきたらボードを考え出す人が多いような気がしています。

セッティングが楽になる!

これはとても大きいメリットだと思います。1つずつ運んでいるとそれを使えるようにセッティングし直すのはなかなか手間です。

これがライブハウスや大学などのライブなど、転換の時間が限られている場合は特にシビアな問題になると思います。

そんなときにボードを作っておけば、ボードを開けたらもう準備が整っている状態になっていて、ライブの時にする準備はシールドをさすことや電源をさすだけで、準備が飛躍的に楽になります。

セッティングを短くして、すぐに練習やライブを始めて時間を有効に使えるのはいいことですよね。

自分が使いやすいボードが作れる!

ボード作りの楽しさと良さですね笑

自分が選んだ好きなエフェクター見ながら、お気に入りのエフェクター使うだけでモチベーションも上がってきます!

ボードに置かれてるエフェクターは自分が考えて、考え抜いて、必要な理由があってそこにあるエフェクターです。たまに衝動買いのエフェクターもあるとは思いますが、、、笑

また、好きなエフェクターをどこに並べるかを好きに決めることができるのも自分のボード作りの魅力ですね。

順序が大切になってくるエフェクターや、配置的に自分はここにあるのが使いやすい!!といった要望を全て叶えることができます。

それぞれの好みが出ることから、ボードの中身や配置は使う人の個性が出ていて見ててとても面白いです!

まとめ

ボードは利便性と趣味性が高いです。

僕のボードは利便性はもちろんあるのですが、趣味性の部分に大きく傾いてしまっている気がします笑

欲しいエフェクターがあるとボードのスペース考えずに買ってはいらないとかありました笑

エフェクターの数が少し増えてきた人はボードを作ってみることも考えてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です